人生の考え方

人生の選択、決断をすることの怖さ(その内容と原因)

人生の選択 今、将来の選択に迷っている人はたくさんいると思います。 そしてその悩みの多くは二者択一を迫られているパターンが多いです。一方は「リスクを伴うが自分の直感に沿った生き方」であり、もう一方は「リスクが少なく安定してるが、本当に自分の…

人生で迷ったときに自分に問うべきこと

将来の選択に迷った時に自分に問いかけるべき究極の問いは、「自分が今日死ぬと仮定したとき、なにをするか」である。 しかしこの問いはかなり非現実的だし、正直自分が今日死ぬと仮定したらとんでも無いことをやらかしそうである。 そこで、より現実的で実…

一つのことに重きを置きすぎるな

この記事は、以下のブログに多大なインスピレーションを受けて書いたものである。 自己生産活動のバランスが自己を救う - sametimeme's diary 自己生産活動のバランスが自己を救う - sametimeme's diary 今日の結論はこうだ。 「一つのことに重きを置きすぎ…

自分のビジネスを持つことは、自分の表現の場を持つことだ

人を雇うにしろ、個人事業で展開するにしろ、自分のビジネスを持つことは自分の表現の場を持つことと同意である。 その最もたるものが、プログラミングによるものである。 プログラミングを学べば、「こんなサービスがあったらな」という自分のアイデアをほ…

人が犯すリスクには警鐘を鳴らすが、自分が「リスクを犯さない」というリスクを犯していることには、全く気がついていない人

いわゆる日本でいう「レール」から外れるとき、つまり大学をやめたり、サラリーマンを辞めるとき、あらゆる「安定」というものを捨てるとき、必ず人はこう言う。 「それって、本気で考えたの?」 「世の中そんなに甘くないよ?」 「なんか夢見てるけど、今の…